2012年09月11日

徳永英明、Chageとの遭遇を語る

9月8日、9日は徳永英明さんの『VOCALIST VINTAGE & SONGS』ツアー静岡公演でした。
両日とも参加しましたが、今回は9日のあるMCについて書きたいと思います。
注意:
セットリスト(演奏曲)については触れていませんが、ツアーメンバーの記述があります。
ネタバレ厳禁の方は参加後にご覧いただくことをおすすめします。


続きを読む
posted by みたらしだんご at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

代わりと言っちゃあ何だけど

口笛に更新しようか迷ったんだけど、こちらにしてみました。
徳永さんに関する話です。


結局FC会員限定のポストカードプレゼントは応募しませんでした。
今のところ買ったのは初回限定盤Bだけです。
PVも見たいから初回限定盤Aも買うつもりだったんですが、あまのじゃくな私は今回の売り方にちょっとへそを曲げたと言いますか。
まあ、売り切れないうちに購入予定ですけどね。

それから、新星堂のイベントは外れました。
当選していたら東京に行ってたんだけどなあ…。
大阪でのイベントライブは延期になってしまいましたが、参加した方、いかがでしたか。
よろしかったらトラックバックなりコメントください。


何だかちょっとさえない気がしないでもありませんが、その代わりと言いますか、いいこともあったのですよ。
20090525mon_beautifullives.jpg
随分遅くなりましたが、最近新品でゲットしました。

正直言って、よく売っていてくれた!
『BEAUTIFUL LIVES』の初回限定盤、値段の高さとジャケ写が好みでなくて何となく後回しにしていたら売っている店がなくなってしまいました。
その後中古で手に入れようかなあと思いあちこちチェックしてみましたが、プレミアがついて以前より値段上がってるし。
とある店舗では新品を割引販売している時と変わらない値段になっていました。
(ちなみにいつだったか忘れてしまいましたが、前は7000円台で買えたかと。)
某ネット通販でもべらぼうに高くなってますね。驚き。
そんな中で新品がひっそりと売られているのを発見した時のうれしさと言ったらもう。
これで運を使ったと思ったら、他のことはまあいいかという気になってしまいました(笑)。

うひょー!
これでやっと2006年のよりどりみどりなライブが家でも楽しめるぞ!

というわけで、今回は極めて個人的な日記というか喜び報告でした。
posted by みたらしだんご at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

徳永英明『WE ALL』オリコンウィークリー1位獲得/『赤い太陽の日7』開催決定

昨日はいきものがかりのライブでした。
盛り上がったなー。楽しかったです。

さて、今週に入って徳永さん関連のニュースが2つ入ってきましたので、今回はそれについてです。
例によって長くなりそうなので、続きは追記で。


続きを読む
posted by みたらしだんご at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

徳永英明『WE ALL』 ファーストインプレッション

連休も終わっちゃいましたね。あっという間でした。
私のゴールデンウィーク後半は、もちろん徳永さんの新作ですよ!
というわけで、4日に買ってきました、『WE ALL』。

B001W4ADZ0WE ALL(初回限定盤B)
徳永英明
ユニバーサル・シグマ 2009-05-06

by G-Tools
 
買ったのは「永遠に」目当てなので初回限定盤Bです。

実は、このブログで徳永さんのCDの感想を書くのは初めてじゃないでしょうか。
いつもちゃんと推敲しようと思ううちにそのまま書いてない状態になってしまうので…。
ということで、今の時点で思ったことをまずは書いておきます。

まだアルバムを聴いていない方もいらっしゃるでしょうから、感想は追記に書くことにします。

感想はこちら
posted by みたらしだんご at 14:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

徳永英明、2009年の活動を予想する?!

『SINGLES BEST』ツアー、3月15日のさいたまスーパーアリーナ公演も無事に終わりましたね。
もちろん私も足を運んできました。
毎度のごとくレポが遅れております。検索してお越しくださった方々にはご迷惑をおかけします。
じっくりしっかりと感想を書きたいので、細かいことはもうしばらくお待ちいただきたく…。

これまで書けなかったものも、「フリカエル」と称して書いていこうかな…なんて思ったりもしているのであります。



さて、今回はツアーも終えた徳永さん、2009年の活動を予想しよう!
というか、先日までのツアーで明らかになった情報をここでひとまとめにしつつ、この先の活動を楽しみに待とう!といった具合でございます。

今のところ明らかになっているのは
・4月8日にシングル「砂時計」発売。
さいたまスーパーアリーナ公演で配られたフライヤーや、同日公式サイトで詳細が明らかになりました。
まだどんな曲なのか聴いていませんが、とりあえずは初回盤のジャケ写が素敵です!
※Amazonにはまだジャケ写がきてないようです…。残念。 きましたきました。いい感じでしょう!
B001T5KTJ2砂時計(初回盤)(DVD付)
徳永英明
UNIVERSAL SIGMA(P)(M) 2009-04-08

by G-Tools


B001T5KTJC砂時計
徳永英明
ユニバーサル シグマ 2009-04-07

by G-Tools
 

「砂時計」は4月からフジテレビ『ウチくる!?』エンディングテーマ、及び「フジテレビフラワーネット」TVCMイメージソングというタイアップが決まっています。
フジテレビフラワーネットは、覚えている限りではPVがそのままCMとして流れていたような。
(ASKA「愛温計」やTRIPLANE「モノローグ」はよく覚えています。)
我が家の辺りではあまり見た記憶がないのですが、少なくとも首都圏エリアの方はCMも見られるのではないかと思うので、ぜひぜひチェックしてみましょう。

今作(アルバム含め)は各種プロモーション活動も行われそうですね。
今のところ、NHK BS『WEDNESDAY J-POP』への出演が決まっています。
只今公開生放送の観覧者を募集中。詳しくはこちらをどうぞ。締め切りは3月26日(木)です。
都内近郊の方は申し込んでみてはいかがでしょうか。
私も都内に住んでいたら行きたかったなあ…。

・5月か6月に5年振りとなるオリジナルアルバム発売。
某スポーツ新聞の記事(ファイナル公演)では「5月」となっていました。
特に長年のファンにとっては、本当に待ちに待った新作となります。
『VOCALIST』シリーズを発表している間も、シングル発売によって結構頻繁に新曲は耳にすることができていましたが、もう楽しみですよ、本当に。

シングル「砂時計」との連動購入特典もあるようなので、どこで購入するかはその発表を待ちたいところです。
近年特典が割と豪華というか、オリジナル特典があったりお得と感じるのは新星堂かな…。
我が家の近所に山野楽器はないので、今のところは新星堂を第一候補に考えていたりします。

・ニューアルバムに「永遠に」収録。
これは3月1日の東京国際フォーラム公演のアンコールで分かった情報。
ご存じ、KinKi Kidsへの提供曲のセルフカバーバージョンが、待望のCD化となります。
『たぶん“ボーナストラック”扱いになるだろう…』と徳永さんがMCで話していたので、初回盤限定といった感じのものになるのでしょうか?
できればDVD付き…初回盤A、ボーナストラック収録…初回盤Bといった販売方法は個人的には避けて欲しかったりしますが、果たしてどうなるでしょうか。
ちなみに、坂本さんのピアノ弾き語りで披露された徳永さんの「永遠に」、とてもいい感じでしたよ。

・『赤い太陽の日』、今年も開催か。
これはさいたまスーパーアリーナ公演で徳永さんが言った最後の一言より。
例年と同じなら5月頃には詳細が分かりそうですね。
個人的には交通の便利さや見やすさ等を考慮して、日比谷野音辺りでの開催もいいんじゃないかなあなんて思ったり。
ただ、収容人数の多さを考えるとこれまで同様よみうりランドになるのではないでしょうか。
(よみうりランドオープンシアターEASTは椅子席だけだと4000人強ですが、芝生席を併せると10000人収容できます。なんでも、都内近郊の野外ステージでは最大級なんだとか。)
ちなみに、昨年のファンクラブ先行抽選では指定席を希望している人が芝生席になるという事態も結構あったようなので、そろそろ指定席の数が多い会場にしてもいいのでは…と指定席希望の私はひそかに思っております。

また詳細が分かったら当ブログでもお伝えする予定です。



と、まだまだ少ない情報ですが、一応分かっている範囲内でまとめてみました。
徳永ファンの皆さん、2009年もこれまで以上に徳永さんの活躍を期待しつつ、今年の活動を楽しみにしましょう。
posted by みたらしだんご at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

【テレビ】紅白前日!

紅白の話題、更新するのが遅くなってしまいました(汗)。

今月19日(金)に出場歌手の曲目が、26日(金)に曲順が発表されました。
我らが徳永英明さんは「レイニー ブルー」を歌います。
歌うのは全歌手で32番目、後半戦・白組で4番目となります。
たぶん9時台後半でしょうか。
後半戦は夜9時30分からなので、だいたい10時台前半・10時30分に近い時間かと思われます。

11月に出場決定した時、このブログで何を歌うのか予想してみたのですが、私は対抗予想していたので、“やや当たり”といったところでしょうか。
徳永さんが歌いたいと思っていた曲だったので良かったですね。



昨日29日(月)にBS2で放送された『あなたが選ぶ思い出の紅白 感動の紅白』では、当日に行われたリハーサル映像と、初出場時の「壊れかけのRadio」が流れました。
2年前、私も緊張してテレビを見ていました。思わず正座して。
歌はもちろんですが、何と言っても最後の笑顔が印象的でしたね。

そして先ほど放送された『紅白フラッシュ』で、昨日のリハーサル映像と司会者との面接、それから徳永さんのコメントが流れましたよー。
司会者である中居さんとのやりとりや、「レイニー ブルー」を紅白で歌う心境を話されています。
再放送もあるので、見逃した人はそちらをチェック!
 30日(火)11:30〜11:40 BS2
 31日(水)1:00〜1:10(30日深夜) 総合


さあ、紅白もいよいよ明日。
昨年はケータイ審査員になりましたが、今年は視聴者審査員にはならずにのんびりと見る予定です。
徳永さんはもちろんですが、いろいろな歌手の素敵なパフォーマンスを楽しみにしています。

※紅白歌合戦の公式サイトです。紅白の情報を得るならまずはここで!
 NHK紅白歌合戦
posted by みたらしだんご at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

【テレビ】徳永英明出演『NHK歌謡チャリティーコンサート』放送/紅白歌合戦出場決定

徳永さんに関連した今週の話題を。

24日(月)には、10月9日(木)に広島厚生年金会館で収録された『NHK歌謡チャリティーコンサート』が放送されました。

私は、このコンサートが収録された直後となる10月11日(土)の『SINGLES BEST』ツアー・静岡公演のMCでその時の話を聞いていたので、何を歌うのか・どんな様子だったのかはある程度分かった上でテレビを見ていました。
が、まさかああいった演出で登場、あれほどまでの歌だったとは。

司会者の一人である鳥越俊太郎さんが番組中盤で『ここで、少し私に時間をください』と話し始め、自身の闘病の経験もふまえつつ『人生を諦めないでください』と語りかけます。
直後に徳永さんが!
番組をご覧になった方はお分かりのように、歌ったのは「輝きながら…」でした。
演奏は広島交響楽団、つまりオケとの共演だったんですが、ああいう熱唱といえる「輝きながら…」は初めて聴いた気がします。
最初は客席などの雰囲気を様子見していたためか幾分緊張気味だったのが、歌っているうちにどんどん気持ちが乗ってきて、フェイクもいい感じに入ってきたり、声もすごく出ていたし、何よりとても気持ちよさそうに笑顔で歌っていたし。
あれなら歌い終わった時に拍手がすごいわけだわ。
生で聴けた方が羨ましいです、ホントに。

「輝きながら…」は徳永さんがブレイクしたきっかけとなった曲ですが、かつてはツアーで歌わないといったこともありました。
でも最近はそういったこともなく、何度聴いてもいい曲だなあと実感します。

B001BZ8JX8SINGLES BEST
徳永英明
ユニバーサル シグマ 2008-08-12

by G-Tools
 
「輝きながら…」も収録されている最新ベストアルバムです。



そして25日(火)、『第59回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表され、徳永さんが3年連続・3回目の出場決定です。
それとなく静岡公演のMCで紅白についても話していましたが(出場しますとは言ってませんが、出場できたらうれしい云々といった感じでした)、何度目でもうれしいものです。おめでとうございます。

今年は、昨年からの『VOCALIST』シリーズのヒット+『SINGLES BEST』のヒットがありましたが、何を歌うんでしょうね。
ここで勝手にやっちゃうよ!「紅白で歌うのはどの曲?」予想コーナー
 ◎(本命):輝きながら…
 ○(対抗):レイニー ブルー
 ▲(単穴):夢を信じて
 △(連下<れんした>):愛が哀しいからor小さな祈り〜P.S.アイラヴユー
私は、『SINGLES BEST』が発売されたということで、かつてのシングルのどれかを歌うと予想しております。
その中でも本命は「輝きながら…」。前述の歌謡チャリティーコンサートでも歌われましたが、徳永さんといえば1回目の出場時に歌った「壊れかけのRadio」とともにこの曲が思い浮かぶ人が多いのではないかなあと思うのが本命に挙げた理由です。
対抗は「レイニー ブルー」。これも代表曲ですね。何でも、ツアーMCで徳永さん自身が『もし紅白に出場できたらこれを歌いたい』と話したとか。
そして次に予想したのが「夢を信じて」。案外知られていませんが、徳永さんのシングルで最も売れたのがこの曲です。
特にアニメドラクエを見ていた世代・比較的若い世代への浸透度がありますよね。
今年はシングルを3枚発売しましたが、その中では「愛が哀しいから」が最も可能性が高いんじゃないかなあと思っています。(歌の長さや曲調が。)
個人的には「小さな祈り」を聴きたいですね。でもこれは6分30秒ありますから、もし歌われるならかなりの省略バージョンになってしまうかな。

徳永ファンの皆様、「私はこう思う!」「この曲を歌うんじゃないかな」といった予想がありましたら、遠慮なくコメントしてください。
一緒に盛り上がりましょう。

とにもかくにも、今年も大晦日まで目が離せませんよ!
楽しみ楽しみ。
posted by みたらしだんご at 10:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

【テレビ】徳永英明、『王様のブランチ』コメント出演

11月1日(土)に放送された『王様のブランチ』に徳永さんがコメント出演していたのでその記録を。
オフィシャルサイトで先週出演という情報を得ていたので、先週録画+実際にテレビでチェックしていたのですが姿は無し。
うちの地域ではブランチは午前中しか放送されないので、以前の出演時みたいに午後放送分に出ていたのかなあと思っていましたが、今週もチェックしていたら出てました。
げ。録画できなかったよ。

でもうちの辺りでも見られた分だけ良かったということで。
(前回出演時は見られませんでしたから。)



コメント出演したコーナーは、午前中の映画コーナー。
週間興行収入ランキングのところです。

今週はブランチ司会である谷原章介さんの初主演映画『ハンサムスーツ』公開ということで、谷原さんともう1人の主演である塚地武雅さんがゲストで、ランキングで紹介される映画にちなんだクイズに答えるという企画がありました。

ランキング5位に登場したのは『P.S.アイラヴユー』。
そこで問題。
 この映画を見て主題歌を作ったハンサムさんは誰?
 1.久保田利伸 2.徳永英明 3.佐野元春
ゲスト2人は見事に正解していました。
(何でもかんでもハンサムに関連づけていたあの流れはどうにも耐えられないものがありましたが…。)

この正解発表の時に、少しだけですが徳永さんのコメントが流れました。
だいたいこのようなことを言っていたかと。
『最初ストーリーだけを聞いた時は悲しい4拍子の曲を作りましたが、実際に映画を見たら違う方がいいんじゃないかということで、ジェラルド・バトラーの立場から人を元気づけたり励ましたりするような3拍子の曲を作りました。』

BGMはもちろん「小さな祈り〜P.S.アイラヴユー」。ちらっとPVも映ってましたよ。



映画、なんとか機会を作って見てみようかなあと思います。
最近といいますか、ここ何年か映画館に行ってないなー。
見たい映画はちょこちょこあるんですが、「見ようかなあ」って思ってる間に公開終了しちゃうことが多いんですよね。

個人的には「日本で公開されるものだけ主題歌を差し替える」ということについて、作られたものがそっくりそのままの形で公開されないことに対する疑問もあるのですが、映画を見てないうちからそういうことを書いても仕方がないので、それはそれで置いておこうかなと思います。

とにもかくにも、徳永さんの新曲、1人でも多くの方に聴いてもらえたらなあという気持ちです、はい。
B001E7I19A小さな祈り~P.S.アイラヴユー(初回限定盤DVD付)
徳永英明
UNIVERSAL SIGMA(P)(M) 2008-10-08

by G-Tools
 
posted by みたらしだんご at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

【テレビ】徳永英明、『笑っていいとも!』出演/増刊号も含めての感想

9月2日(火)、徳永さんが『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングコーナーに出演しました。

今日放送された増刊号での様子も交えての感想を。

続きを読む
posted by みたらしだんご at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

徳永英明、明日9月2日『笑っていいとも!』出演!

先月は3本ライブに行ったのに、何も書いてないや。
どうもお久しぶりです。
先月分の諸々に関しては、今後ゆっくりと書きたいところです。

今日から9月、今月は気合いを入れて更新に励む所存であります。
改めてよろしくお願いします。



そんなこんなで早速今日の話題を。速報です。

我らが徳永さん、明日『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングコーナーに出演決定しましたー。
金曜日に今日の出演者が伊藤由奈さんと知って以来、何となく「来るかなー」と思っていたので、やはりという感じですが。
その割に録画はしませんでした。
明日しっかり撮れればよいです。
テレフォンショッキング、いつ以来なのか定かでないや(汗)。

電話でしゃべる様子がなかなかラフでいつもより気取りがない雰囲気でしたね。
個人的には、先日『ミュージックステーション』出演時にタモリさんと話していたクーラー→麦茶話で地味に盛り上がって欲しかったりします。
とにもかくにも、明日が楽しみです。
徳永ファンの皆様、録画予約を忘れずに!

B001BZ8JX8SINGLES BEST
徳永英明
ユニバーサル シグマ 2008-08-12

by G-Tools

定期的なテレビ出演でロングヒットを狙いたいですね。
実は私、まだ買ってません。すみません…。
posted by みたらしだんご at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

20years before

SMAP×SMAPのスペシャルを見ながら懐かしさと自分がよく知っている歌の数々に大興奮し、その後iTunesで斉藤由貴やらTMネットワークやらを聴いて盛り上がり。
TM→渡辺美里で、『ribbon』を聴き、発売が1988年であることを知り、「もう20年前かぁ」と時の経過に驚いたわけですが。


ん?1988年の春?
そういえば徳永さんの『DEAR』もそのくらいじゃないかと思って発売日を調べたら、ちょうど20年前の今日でした。
1988年4月21日。
おお、何たる偶然。いや必然。

そっかー。もう20年経ったのかー。
ちなみに、私が一番最初に買った徳永さんのアルバムが『DEAR』です。
それ故思い入れも大きく、今でもよく聴きます。

今日は倉木麻衣のレビューを書いてたけど、“20年経ったよ”記念で『DEAR』のレビューも書いてみようかな。

とりあえずは、まずは今たまってるものを更新しますか。
そういえば、徳永さんの作品レビューって、未だに書いてない気が…。
こりゃあ目の前の宿題がたくさんあるぜぃ。
がんばりましょう。

ではまた。

B000084TCSDEAR
徳永英明
ユニバーサルJ 2003-02-27

by G-Tools

徳永英明オリジナルアルバムの中でも特に聴きやすい1枚。ドライブのお供にもどうぞ。
posted by みたらしだんご at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

徳永英明『VOCALIST&SONGS』ツアー(最終日)@東京国際フォーラム ホールA

『Hideaki Tokunaga Concert Tour'07〜'08 "VOCALIST&SONGS"』
2008年2月24日(日)/東京国際フォーラム ホールA/
開演:15:15 閉演:17:20くらい?(すみません、記憶が曖昧です)

メンバー
ボーカル:徳永英明 ピアノ:坂本昌之 ギター:松下誠 
ドラムス:山木秀夫 ベース:高水健司

セットリスト
※カッコ内は収録アルバム名等
 カバーアルバム『VOCALIST』シリーズ収録曲はオリジナルの歌手も併記
01.ハナミズキ(VOCALIST/一青窈)
02.桃色吐息(VOCALIST3/高橋真梨子)
03.恋人よ(VOCALIST2/五輪真弓)
04.会いたい(VOCALIST/沢田知可子)
05.別れのブルース
 (「服部良一」〜生誕100周年記念トリビュート・アルバム〜/淡谷のり子)
06.恋におちて-Fall in Love-(VOCALIST3/小林明子)
07.僕のそばに(BEAUTIFUL BALLADE)
08.最後の言い訳(BEAUTIFUL BALLADE)
09.迷い道(VOCALIST3/渡辺真知子)
10.わかれうた(VOCALIST3/中島みゆき)
11.ENDLESS STORY(VOCALIST3/伊藤由奈)
12.レイニー ブルー(BEAUTIFUL BALLADE)
13.壊れかけのRadio(BEAUTIFUL BALLADE)
<アンコール>
14.ことば(1コーラス)(新曲) ※坂本さんのピアノを伴奏に…
15.あの鐘を鳴らすのはあなた(1コーラス) (カバー/和田アキ子)
  ※坂本さんのピアノを伴奏に…
 【ここでサプライズ!徳永さん、誕生日おめでとう!】
16.雪の華(VOCALIST2/中島美嘉)
17.翼をください(VOCALIST/赤い鳥)
18.もう一度あの日のように(Nostalgia)
 【最終日恒例の三本締め!】
19.君の青(REALIZE)



『VOCALIST&SONGS』ツアーもこの日が最終日。
強風の影響で15分遅れで始まりました。
この日はA席を購入したので、2階席の後方中心からやや右寄り。ステージ全体をゆったりと見渡すことができました。
ちなみに静岡公演はSS席・2列目で緊張してそれどころではなかったです(笑)。

私は昨年末の静岡公演とこのファイナルの2公演に足を運びましたが、何曲かセットリストも変わっていて、前回とまた違った雰囲気を楽しめたかと思います。
カバーアルバム『VOCALIST3』のヒットがあれよあれよという間にシリーズ3枚ともヒットするという状況になり、歌手・徳永英明が注目されている中で行われた今回のツアー。
一般向けのライブツアーでは初めてといえる“カバー曲をメインに据えた”内容がどのようなものになるのかが最も関心がありました。
個人的には、2003年の活動再開以来三本の指に入る位グッときたツアーでした。これまでライブに行った中でも印象的なツアーになるんじゃないでしょうか。
特に派手なパフォーマンスもなかったし、これまでのようにオープニング・エンディングムービーもなかった。
観客が煽り煽られで気分が高揚するような内容ではなかったけれど、何より「うたごころ」がこれほどまでに迫ってきたのが素晴らしかったです。

カバー曲では「別れのブルース」ではあまり聴けない低音を響かせ、ハスキーボイスと相まってまるで霧に煙った波止場といった情景が浮かんでくるよう。
そして“小学生の頃母親に連れられてコンサートに行き、とても印象に残った”という「あの鐘を鳴らすのはあなた」では希望の色を見せる。
この2曲は“J-POPではない”という理由でVOCALISTシリーズには収録されなかったそうですが、新鮮且つ徳永さんによく似合っていました。
「ハナミズキ」「恋に落ちて」「ENDLESS STORY」「雪の華」はすっかり徳永さんの曲と言っても差し支えない位フィットしていたし、「桃色吐息」「わかれうた」のアレンジでアクセントをつけたりと、基本的に着席して聴くステージの中でもメリハリが効いていたと思います。
ファイナルだったからなのでしょうか、ポツリポツリとVOCALISTシリーズに込めた思いやレコーディング秘話を話されていた徳永さん。
特に「ENDLESS STORY」についての話は、胸に迫るものがありました。

そして、カバー曲に混じって歌われたオリジナルの曲達。
カバーを入れることによって結果的にオリジナルの良さが引き立つ構成になっていました。
これが今回私にとっては最もうれしかった点でした。
ファンの日和見かも知れませんが、カバーもいいけど徳永さんがこれまで発表してきたオリジナルにもたくさんいいものがあると思っていますから、ちゃんとそこにもスポットライトが当たるようになっていたのにはホッとしたような、それと同時にうれしいものがありました。
私がライブで最も注目する「最後の言い訳」。バンドメンバーの気迫が徳永さんを後押しし、それに応じるかのように完全燃焼していたのが印象的でした。
そして私がこのツアーで最も心に残った「レイニー ブルー」。徳永さんのこれまでを振り返ると共に自分のことも走馬燈のように思い出していました。徳永さんの声には積み重ねられた時間、たくさんの感情が今まで以上に込められていたように思います。
それから「壊れかけのRadio」。紅白出場後、ますますたくさんの人に育てられた、そんな一曲です。懐が大きく、聴く人を包み込むような歌になったことに改めて感動しました。
数々のツアーでは大事なところで歌われてきた「もう一度あの日のように」。ファンの人気が高く、徳永さんの意気込みであったり希望であったり、そういった力強さを感じさせる曲です。この日もアンコールで聴かせてくれました。自分の中では発売時より大事な位置を占める曲になっています。
オーラスはデビュー通算1000本公演の時にファンが歌ったという「君の青」。この曲もたくさんのコンサートで歌われてきた、徳永さんを語る上では外せない一曲。観客と一緒に歌うのがここ何年かのお約束みたいになっていますが、これを合唱するのはとても好きです。
今までライブで大事な局面を飾ってきた歌がしっかりと存在感を見せていた。そんなステージでした。

アンコールの時にはサプライズで徳永さんの誕生日を祝う一コマがあったり、最終公演オーラス前恒例の三本締め→年を跨いでのツアー最終日ではお約束の一言『明けましておめでとう!』もあり、そういったところでも楽しめました。


このツアーで強く実感したのは、これまでの徳永さんの良さといい方向に変わった部分がこれまたいい具合に表れていたという点でしょうか。
「観客が何を求めているのか」それに応えようとする気持ちと、「自分が何を伝えたいのか」を自然に表現できるようになった、そんな印象を受けました。
以前の徳永さんはどちらかというと力任せに押しまくるようなところがあった。それが魅力になっていた部分もあった。
でも、私は今のような笑顔をたくさん見せてくれる徳永さんに大きく惹かれます。
このツアーで唯一新曲として歌われた「ことば」(ツアーエンディングのBGMでも使われていました)には、穏やかだけど力強い、といった今の徳永さんの魅力がよく表われていたのではないでしょうか。
いち早い完全版でのCD発売が待たれます。
(ちなみに「ことば」の非売品CDは名古屋公演で観客に配られています。欲しいぞ…。)

アンコールも終わって最後にメンバー全員で挨拶をする時に感極まっていた徳永さんの姿。
徳永さんにもいろいろなことがあった。そしてファンになってからの私も少なからず山あり谷あり(谷ばっかりだった気も?!)で年を重ねてきた。
なんて思い出して、つられてウルッと来るものがありましたなー。
あの何時間という時間が、この日に感じたことが明日へと繋がっていく−そして明日へと繋げていく、そういったことを改めて考えるきっかけになったのでした。

長年ファンでいられて良かったっす(感涙)。
心からの感謝の気持ちをここに書き残しておきます。
そして、今年の秋から始まる新たなツアーでどんな歌を聴かせてくれるのか、どんな徳永さんを見られるのかを楽しみにしています。
posted by みたらしだんご at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

NHK歌謡チャリティーコンサート@アクトシティ浜松

※只今執筆途中です。
かなり簡潔な感想になってしまいますが、ご了承ください。

行ってきました、浜松に。
8月のソルトさんのライブ以来ですな。
今回は一人だったので電車に乗りました。行きは鈍行およそ1時間半コース。でも意外と長く感じませんでした。
浜松駅で下車したのはよく考えたら生まれて初めてかも。出身県内でも親戚や友人がいるといった縁がないとほとんど訪れることはありません。出身地の辺りなら進学で横浜や東京に行く人が多いですしね。
先日来た時も思いましたが、浜松は歩道が広いしきれいだし、地下道も明るくて静岡市街より快適です。(ついでに書くと車道も広々としています。)
まあ私は昔ながらの商店街の雰囲気が色濃く残る静岡市街も嫌いじゃないですけどね。
土地勘のない人から見たら浜松の方が歩きやすい街だと思います。

座った座席も前に手すりがある位置だったので前のめりになって見ていたため、何となく腰が痛いです。電車で座りっぱなしでしたし当然ですね。

では取り急ぎ感想を。(後日改めて丁寧に感想を書きます。)


<演奏曲>
【第一部】
秋川雅史「千の風になって」
徳永英明「恋に落ちて -Fall in love-」
長山洋子「捨てられて」
冠二郎「炎」
島津亜矢「感謝状〜母へのメッセージ〜」
ゴスペラーズ「言葉にすれば」
小金沢昇司「街のサンドイッチマン」
【第二部】
原田真二「てぃーんず ぶるーす」
加藤登紀子「百万本のバラ」
坂本冬美「夜桜お七」
森麻季「からたちの花」
前川清&クールファイブ「恋歌-2007-」
五木ひろし「契り」

指揮:藤野浩一 演奏:大阪シンフォニカー交響楽団

・当然のことながらアクトシティ浜松に来たのも初めて。
今回の観客数が2300人(大ホール)とのことでしたが、3階席でもステージはよく見えたし、音響はバッチリでした。いいホールです。
さすが音楽の街、浜松。

・徳永さんは「恋に落ちて -Fall in Love-」を。
歌自体は声の出も良かったし、オケとの競演もグッドでしたが、なんとなく“借りてきた猫”状態だった感じもしました。これはオープニング・エンディングでもそんな感じだったような。
徳永さん、緊張してました?
(オフィシャルサイトのひとりごとが更新されてます。車で帰ってるんですね。どうぞお気をつけて。)

・最初が「千の風になって」。今年最も売れているシングル曲。
バックがオケだったのもあったのか、予想外にウルウルきました。
生歌はきますね、マジで。

・普段ステージを見る機会がなかなかない演歌・歌謡曲の歌手が多かったのですが、『のど自慢』『歌謡コンサート』をよくテレビで見ている私としては、一人一曲とはいえ生でステージを見られたのは感無量です。
衣装のド派手さで客席も思わずざわめいた冠二郎“アニキ”。白いスーツに白いエナメル靴、スーツの襟元から肩口にかけて眩しく光るシルバーのラメラメ(遠目に見えた感想なので、間違っていたらすみません)。そしてあの歌唱。「アイ、アイ、アイライク演歌」すげえっす。相当魅了されました。
今回オケと最も合っていたと思うのが坂本冬美。音であそこまで妖艶さと情念って伝わるものですね。
長山洋子や島津亜矢、クールファイブも見られて満足です。
本当にいいものを見せていただきましたよ。

・誰だよ、携帯電話鳴らしてたのは。しかも二度。
五木ひろしがしゃべっている時だったから客席の気まずさ全開でしたよ。(たぶん2階席か3階席)
あれはステージにも聞こえてたでしょうけど、進行はそのまま続けられました。
歌はさすが大御所、堂々としてましたね。
そんなんで動揺しないのがプロ、といったところでしょうか。

・司会は高山哲哉アナウンサーと朝ドラ『どんど晴れ』の夏美役でお馴染み比嘉愛未さん。
比嘉さんは初々しさがありながらも堂々としていたのが良かったです。感想を求められた時、ものすごくいいコメントをしていたので好感度が上がりました。
高山アナはオンバト時代のうるさい感じを局から求められていた時期が長いわけですが、今回は比嘉さんをリードしながら、優しさ溢れる落ち着いた司会ぶりを発揮していました。これ位の方が彼には合ってます。
二人がちょっと噛んで言い直したのはご愛敬ということで。

前説等は特になし。進行自体は淡々と進んでいきました。
代わる代わる歌手が出てきてまるで疑似紅白歌合戦を見ている様な気分に。
日頃NHKをよく見る人間としては実に楽しかったです。

今回はチャリティー公演ということで有料でしたが、NHKの公開収録はまた機会があったら観覧したいと思います。
昔『ポップジャム』を見に行ったなあ。オリジナル・ラヴが「ディア・ベイビー」を歌った時、ファンクラブからハガキが届いたので足を運んだことを思い出しましたよ。


今回の収録は、11月23日(金・祝) 19:30〜20:43 総合テレビで放送予定だそうです。
ちょっと先ですが、ぜひ見てみてください。
posted by みたらしだんご at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

9/28(金) 徳永英明『僕らの音楽』出演!

まだ徳永さんのオフィシャルサイトで告知されていませんが、フジテレビ『僕らの音楽』サイトに載っているので確定情報といっていいと思います。

9月28日(金) 23:30に放送されるフジテレビ系の音楽番組『僕らの音楽』第176回放送に徳永英明さんが出演するようです。
メインがYUI、そしてゲストが竹内結子(敬称略)と徳永さんかと思われます。

きたきたきたーーーー!!!!!
これはかなり楽しみです。
YUIは2ndシングルから注目していたり、個人的に今度発売されるシングル「LOVE & TRUTH」はかなり好きなので、この情報を知って興奮しております。
徳永ファンの皆さん、ファンじゃなくても来週はぜひとも見てくだされ。
明日の東京事変×高田純次も面白そうですよ。

取り急ぎ情報更新でした。

B000UZ4F4WLOVE&TRUTH
YUI
ソニー・ミュージックレコーズ 2007-09-25

by G-Tools


<追伸>
今夜放送された『とくばん』、今回も良かったですなあ。
(しぞーかは20:00からの1時間バージョンでしたが)
この勢いで売れちゃってください。
ツアーは静岡公演まで行かないから、ネタバレは勘弁ということで。
posted by みたらしだんご at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

『VOCALIST』シリーズ急上昇!

我らが徳永さん、シングル「恋におちて-Fall in Love-」が発売されて、このところテレビ等の露出も増えてきました。
今週は月曜の『SMAP×SMAP』、そして昨日の『うたばん』に出演しましたね。
スマスマは見ましたが、うたばんは録画したけどまだ見ていません。
どうやらあちこちの印象では随分好評だったようなので、早くチェックしなくては。

このテレビでのプロモーション(特にうたばん)が功を奏したのか、今日の未明くらいからアルバム『VOCALIST』シリーズの売り上げが急上昇しています。
これを書いている時間の情報ですが、amazonでは『VOCALIST』が1位、『VOCALIST2』が3位、そして発売前予約の状態ですが『VOCALIST3』の初回盤Aが4位となっています。
文教堂のリアルタイムランキングでも『VOCALIST』が12位、『VOCALIST2』が14位。
すげえ。何ですか、このプロモーション効果。
うたばんでは何があったんだ!!!気になるなあ。

シングルの収録曲は全て『VOCALIST3』にも収録されるので、私としてはシングルの売り上げはあまり気にしておらず、アルバムが売れるといいなあと思っています。
シングルは今日辺りに買ってこようかなと。最初は買わずにアルバムまで待つ予定でしたが、やっぱり早く聴きたくなってきたので。あと1か月は待てん。
試聴した限りでは、表題曲である「恋におちて-Fall in Love-」の出来が光っていました。実にいい声。いい歌い方。いいアレンジ。さすがです。
ここをご覧の皆さんも、よろしかったらレンタルでも構わないので、ぜひとも『VOCALIST』シリーズを一度聴いてみてください。そして、そこからベストでもオリジナルでも、徳永さんの作品に触れてみてくださいね。
B000A89TAYVOCALIST (通常盤)
徳永英明
ユニバーサル・シグマ 2005-09-14

by G-Tools

徳永英明再評価の波がまさかこの作品から始まるとは。
カバーだと散々馬鹿にした私が間違ってました。個人的にこのジャケ写が好きだったりします。

B000GALFDKVOCALIST 2
徳永英明
UNIVERSAL SIGMA(P)(M) 2009-03-24

by G-Tools

『VOCALIST』以上に丁寧に歌われる曲の数々。完成度も上がってますよ。

B000RY434IVOCALIST3(初回限定盤B)
徳永英明
UNIVERSAL SIGMA(P)(M) 2007-08-15

by G-Tools

そして第3弾。初回盤は2種類ありますが、ボーナストラックとして「喝采」(ちあきなおみ)が収録されているこちらをおすすめします。
5月のライブで聴いたのですが、原曲のイメージを壊さず、良さを伝えつつ徳永英明の世界を見事に作り上げていました。


そうそう、8月4日の野外ライブ『赤い太陽の日5』もめでたく一般指定SS席・S席は売り切れとなったそうです。
現在は芝生席のみの発売となっています。
よみうりランド、芝生席もゆったりと鑑賞できそうな雰囲気ですから、興味を持った方はぜひ。
※関連記事
 徳永英明『赤い太陽の日5』チケット先行抽選予約
 『赤い太陽の日5』ファンクラブ先行予約終了/リクエスト曲は何にしましたか?


そう言えば『VOCALIST3』の詳細について触れていませんでしたね。
販売店の特典情報が入ったら書こうかなと思っています。まだ曲順も確定してませんし。
それにしても、カバーばっかりなんて思いつつ、多くの人が徳永さんの作品を手に取ったり、ライブに足を運んだりするのはうれしい話です。
秋からは全国ツアーもありますし、今年の下半期も目が離せそうにありません。
posted by みたらしだんご at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

徳永英明『赤い太陽の日5』チケット先行抽選予約

8月4日(土)によみうりランドで行われる徳永英明さん夏恒例の野外ライブ『赤い太陽の日5』(略称“赤5”)。
チケット一般発売に先駆け、以下のサイトで先行抽選予約ができます。
確実にチケットをゲットしておきたい方、申し込んでおいたらいかがでしょう。どのサイトも事前に無料の会員登録が必要です。
詳しい内容は該当サイトをよくお読みください。

●電子チケットぴあ (該当ページはこちら)
受付期間:現在受付中、6/21(木)9:00まで
当選発表:6/21(木)22:00頃

●イープラス (該当ページはこちら)
受付期間:6/20(水)12:00〜6/24(日)18:00
結果確認期間:6/26(火)13:00〜6/27(水)18:00

●ディスクガレージ[GET TICKET] (トップページからどうぞ)
受付期間:06/18(月)21:00〜6/24(日)23:00
チケット代金等の支払期限:6/25(月)夜〜6/28(木)23:00の予定
※携帯版でも同時受付中(上のトップページに携帯サイトの詳細あります)

ローチケには疎いので、何か動きがあったら教えてください。
思えば、1年前の赤4から首都圏の徳永さんのチケット関連業務担当会社がフリップサイドからディスクガレージに変わったのでした。
個人的にはネット予約の面ひとつ取っても便利なので、ディスクガレージになって良かったんじゃないかと思います。

まあ、徳永さんの場合、ファンクラブに入るのが最も確実なのは間違いありませんが。
最近はSS席(1〜5列目)がはっきりと目に見える形でFC会員の抽選枠になりましたし。
抽選でチケット取れなかったの、過去2度くらいだけですし。
今入会したら秋から冬に行われるツアーの先行予約には間に合いそうですよ。
(FC会報、住所変更に手間取ってまだ届いてないので詳細は書けません。再送手続は済ませました。)
ファンクラブ「トニーズクラブ」についてもここで宣伝。詳しくはこちらをご覧ください。ローソンチケットでも入会手続きができます。

なお、パソコンをお持ちの方はオフィシャルメンバーズサイトに入会すると21日からの先行抽選に間に合いそうですが、個人的には上記の3つに登録すればどこか当選するんじゃないかと思いますよ。
あ、でも取れなかった場合の責任は持てません。悪しからず。
チケットゲットの悲喜こもごもありましたら、コメント等で教えてください。
徳永さんのライブはFC枠でチケットを取っているので、一般だとどの程度大変とか取りやすいといったことがイマイチ分からなかったりするので、最近どんな感じなのか知りたいのです。

一般発売のチケット狙いのみなさん、無事にチケット確保できるよう応援しております。
posted by みたらしだんご at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

筒美京平トリビュートアルバム発売

昨日のスポーツ紙・インターネットのニュース等でも報じられているように、7月11日に作曲家・筒美京平氏のトリビュートアルバムが発売されるそうです。

このアルバムで、徳永英明さんが「たそがれマイ・ラブ」(大橋純子)をカバーするとのこと。またおいしいところをついてくるなあ。素直にこの選曲は楽しみ。
徳永さんといえば夏に『VOCALIST3』の発売も予定されていますが、それより先に聴ける音源となりそうです。

『音楽サイト BARKS』によれば、まあ人選に関して何とも言えない歌手の皆さん(つまりレコード会社と事務所の力関係でしか選ばれなかったろ?)といった感じも拭えなかったり、選曲に関しても個人的には「マッチの曲がない!」「キョンキョンの曲がない!」「ヒロミゴーは?」「そう言えば野口五郎もないなぁ」「ここでオザケンの曲を」といった不満もあったりするわけですが、何せ1960年代からヒット曲を量産してきた筒美御大ですから、誰に対しても納得できるような選曲というのは難しいですよね、実際。大体、ジャニーズ関連の曲が収録されていない点で、既に万人受けするというものではなくなったんじゃないかと思うわけですよ。
今回収録曲には選ばれていない中で聴いてみたかったと言えば、上に挙げた人の他にも「ロマンス」「シンデレラ・ハネムーン」(岩崎宏美)「E気持ち」(沖田浩之)「情熱」(斉藤由貴)「Romanticが止まらない」(C-C-B)「ツイてるね、ノッてるね」(中山美穂)「1986年のマリリン」「Oneway Generation」(本田美奈子)…と挙げればきりがありません。特に「情熱」は非常に好きな一曲なだけに、聴いてみたかったなあ。
さすがに「恋のダウンロード」や「TENCAを取ろう!-内田の野望-」は選ばれないわな。

とりあえずレンタルしてでも聴いてみる予定です。

よく見てみると「夏のクラクション」があったりするわけで、ブレイクした頃J.I.こと稲垣潤一氏とよく間違えられた徳永さんにこの曲を歌って欲しかった気もしないでもありません。そしたらある意味面白かったんだけどなぁ。
J.I.さんの曲なら「ドラマティックレイン」か「エスケイプ」の方が面白い選曲だったんじゃないかとファン心理でマニアックなことも想像してしまいます。「エスケイプ」なんて特に料理しがいがありそうなんですけどね。
ちなみに「夏のクラクション」を歌うのはゴスペラーズ。個人的な希望を述べると、彼らには野口五郎の「19:00の街」辺りを歌って欲しかったっす。渋く、でも艶っぽくなりそうでしょ。
収録曲を見た時点では、CKBの「また逢う日まで」に期待してます。意外に(と書いちゃ失礼だが)楽しみなのがつんく♂だったりして。

みなさんはどの曲が楽しみですか?
posted by みたらしだんご at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

『赤い太陽の日5』ファンクラブ先行予約終了/リクエスト曲は何にしましたか?

昨日6月6日に、徳永英明さん恒例の夏・野外ライブ『赤い太陽の日5』(以下“赤5”と表記、同様に赤い太陽の日シリーズは“赤○<数字>で)のファンクラブ先行予約が終了しました。

今回の赤5では赤3以来となるリクエスト投票を募り、上位10曲は必ず歌うということで、私も昨日ギリギリに先行予約を済ませました。
受付も終了したということで、ここで私がリクエストした曲をこっそり書いておきます。
 1位:君がいる場所に僕は生きていく(未発売曲・honestoツアーのエンディング曲)
 2位:未完成(Girl)
 3位:やさしいね(シングルhapinessのカップリング曲)

我ながら割とマニアックな選曲になったなあと思っています。
単純に、久しくツアーで聴いていないもので、なおかつ今野外で聴いてみたいものを選んでみたんですけどね。
「君がいる場所に僕は生きていく」はあまりファンの間でも話題に上らないんですが、力強くて前に向かって歩いていくといった意志を感じられるのがとても好きなんです。私が好きな『remind』に通じるものがあるからかな。何となく今の徳永さんのスタンスにも合う感じがするので思い切ってリクエストしました。
「未完成」も久しく聴いてない気が。あれ、私はもしかしたら生歌で聴いたことがないのかも?記憶が曖昧です。『REALIZE』アンコールツアーのライブCDを聴く度に惚れ惚れする初期の名曲。
そして「やさしいね」。アンコールの時にみんなでシャボン玉飛ばしながら聴いてみたい…そんな雰囲気が似合いそう。
どれも生歌で聴いたことがないのかな。こういう時こそあまりコンサートで聴かないものをリクエストしたくなるんですよね。
「Melody〜永遠の鍵〜」辺りもリクエストしようか悩みましたが、赤2で聴いたので今回はリクエストしませんでした。
ファンクラブ会員の皆さん、リクエスト曲は何にしましたか?
よろしかったらコメントでも。

赤シリーズ、近年の赤3はリクエスト大会にした割には盛り上がりに欠けてしまいドン引き、赤4は『BEAUTIFUL BALLADE』ツアーとの重複が気になったりと少々マンネリ気味でイマイチな印象が強かったので、赤5ではパーッと吹っ切って欲しいと思います。
赤1はファンクラブ会員限定のイベントだったので外すとして、これまで個人的に面白かった順に並べると
 赤2、赤4、赤3 といったところ。
とにかく、赤2が選曲、歌唱の良さ共に楽しかったな。
“懐かしい曲の逆襲”というコンセプトがグッド!雨に濡れたけどそんなのも気にならなかったことを思い出します。
年に1度のお祭りみたいなものですから、みんなで楽しめるものになるといいですね。野外ならではの面白さをもっと突き詰めていくと楽しいと思うんだけどなあ。
その点でもシャボン玉作戦なんていいと思うんだけど。どうでしょ?
グッズ関連だと、昨年みたいにうちわをセット売りではなくせめて単品売りにして欲しいです。

何にせよ、8月4日が楽しみです。
今年は朝早くから支度して出かけなければいけないけど、気合い入れていくぞー。
昨年みたいな失敗(こちらを参照のこと)は許されませんよ。


赤い太陽の日5については
徳永さんの公式サイトをご覧ください。
(中段左にバナーがあるので、そこをクリックしてください。)
チケットの一般発売は7月8日です。例年からいくとたぶんプレイガイドでの先行があると思われるので、参加してみたい方は要チェックですぞ。
さあ、みんなで楽しい夏の1日を!!!
posted by みたらしだんご at 12:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

忘れてた!!!

あ、やっべ、忘れてた!!!

本日20時30分から22時00分まで、WOWOWで『Point Green Live 2006』が放送されますよ。
徳永さんの公式サイトでチェックして気がつきました(汗)。
危うく録画し損ねるところだったわ。
放送される曲目等をチェックしたい方はWOWOW ON LINEのこちらをご覧下さい。
(放送終了後に見られるかは分かりませんので悪しからず。)

ちなみに徳永さんは明日3月2日(金)23時30分から24時25分に放送される日本テレビ『NEWS ZERO』にも出演するそうです。こちらも要チェックですよ。
どうやらWikipediaの該当部分を読む限りでは芸能コーナーへの出演となりそうな気がします。詳細不明。
首都圏の方は『僕らの音楽』『タモリ倶楽部』と放送が重なるんですね。うっかり忘れてしまわないようにしなくては。
このニュース番組、放送開始から約5か月の間に何回か見ていますが、初回放送時に某フジテレビみたいな(←全然“某”じゃないや!)キャスター・スタッフの内輪で受けてます、みたいな雰囲気、詳細に書くとスタッフの笑い声が随所で聞こえてくるのがどうにも駄目で自ら選んで見る事がなくなりました。その後の数回は他に見る番組がない、でも取りあえずニュース番組は見たいから…という消極的な理由で見ていました。ええ、仕方なく。
フジテレビの方がいいじゃねえか、って感じですよ。松本&クリステルコンビの方が落ち着いてますから。
何度見ても、日テレは長年続いた『きょうの出来事』を終了させてまでやるニュース番組じゃねえだろうと思っちゃうわけですよ。スガシカオのエンディング曲は好きですけどね。
おっと、ニュース番組については常々感じる点もありますので、また機会があったら触れてみようかと思います。主にNHKの話になっちゃいますが。
『このニュース番組のここが好き/嫌い』なんて話がありましたら、ぜひともコメントやメールをお寄せ下さい。

最後にもう一度。
徳永ファンの皆さん、今日はWOWOW、明日は日テレですよ!
posted by みたらしだんご at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

徳永英明『Beautiful Symphony』ツアー@東京国際フォーラム

11月3日に、徳永さんのオーケストラツアーに行ってきました。
以下ネタバレしていますので、これから足を運ぶ方、曲目や内容を知りたくない方はご注意下さい。

※只今ライブレポ執筆中。
 セットリストのみ載せています。続きを読む
posted by みたらしだんご at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

お見逃しなく!

夕方徳永さんのオフィシャルサイトからメルマガが届きました。
TBS系の情報番組『ブロードキャスター』にて、昨日行われた『Beautiful Symphony』ツアー・東京国際フォーラム公演のライブ映像が放送されるそうです。
バレーボール中継があったため、スタートはいつもより30分遅れの10時30分です。録画する方は気をつけましょう。

昨日の公演は私も見に行ったのですが、想像していた以上に楽しい、とても素敵なコンサートでした。今日は神奈川県民ホール公演でしたね。
ぜひともチラッとでもいいので見ていただきたいと思います。放送されるのは、やっぱり「お父さんのためのワイドショー講座」でしょうかねえ??

ちなみにライブレポは鋭意制作中です。

<11/5(日)追記>
録画しておいたものを見ました。
「お父さんのためのワイドショー講座」コーナー、トップ3の発表の前に映像が流れました。
感想は一言、
  短っ!!
まあ、でも、全国ネットで15秒ほどでも映像が流れただけでもありがたいじゃないか。TBSよ、取り上げてくれてありがとうとお礼を書いてみる。
“愛と夢の伝道師”がこれからもメディアで取り上げてもらえるよう、更なる活躍を期待したいですね。
posted by みたらしだんご at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

そう言えば

おはようございます。
相変わらず更新がマイペースです。体調がイマイチだったりしてどうもスッキリしない日が続いております。
OLライブレポ、いい加減に更新しなくちゃ。

で、今回は徳永さんのお話を。
今月からデビュー20周年を記念した『BEAUTIFUL BALLADE』ツアーが始まっています。
このツアーで検索して当ブログをご覧下さる方も結構いらっしゃるので書いておきますが、私はまだ参加していません。
21日の静岡公演に行く予定でしたが、結局行きませんでした。
ありがたいことに、このツアーを見たいという方がいらっしゃったのでチケットを譲ったから行かなかったというだけなんですけどね。徳永さんの生歌を聴きたいとなればそりゃあもうぜひぜひ聴いてくださいな、と自信を持っておすすめしたいじゃないですか、ファンとしては(笑)。
この日の公演は私の親も参加したので話を聞いてみたところ、とても満足そうだったのでほっとしています。
大体いつもツアー序盤(初日)とファイナルの二公演は見るようにしているんですけど、今回は大阪が初日なので首都圏住民は早くとも4月までしばらくお預け状態ですね。
FC先行では静岡とファイナルの東京国際フォーラムしかチケットを取らなかったので、今からどこへ行こうかと悩んでいます。4月23日の神奈川県民か5月7日のZEPP TOKYO辺りには行きたいですね。
というわけで、少なくともこの先1か月ほどライブレポは書けませんのでご了承ください。
あと、ネタバレも厳禁ということで…。

バラードツアーといえば1997年〜1998年の『Ballade of Ballade』ツアーが思い出されますが、今までの徳永さんのツアーの中でも大好きなツアーなんです。
最初から泣きっぱなしだったんですね、恥ずかしながら。
あれほど無意識にそして強烈に歌によって魂を揺さぶられることも珍しかったのでよく覚えています。
事前情報によると、今回のツアーもあの時の構成を意識しているようなのでかなり楽しみにしています。
会場で思う存分エネルギーを発散するのもライブの楽しみですが、「歌の力」をじっくりと堪能するのもまた良し。
バラードの名手としての徳永さんに会えるのが今から待ち遠しいです。

さて、チケットどうしようかな…。

追伸:
昨日の『開運 なんでも鑑定団』見ましたか?
私は徳永さんが出ていた最初の部分だけ見ましたが、あの番組に出ている姿は何だか変な感じでしたね(笑)。今となっては懐かしい『スーパーサッカー』での司会ぶりも見られました。
「レイニー ブルー」のPVもチラッと出てくるのでまだ放送されてない地域の皆様はぜひご覧下さい。
来月は『MF21』と『チューボーですよ!』だ。バラエティ番組出演、本当に増えたなあと思うここ半年。
posted by みたらしだんご at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

NHK総合『スタジオパークからこんにちは』

本日、徳永英明さんがゲスト出演した『スタジオパークからこんにちは』が放送されました。
収録は12月14日(水)に行われており、いつものような生放送ではありません。この日は何と言っても耐震偽装問題の証人喚問がありましたから、最悪放送中止もあり得る中で無事に放送されたことはありがたいです。ありがとう、NHK。

一言で感想を書くなら、やっぱり緊張してましたね。あと、日焼けした徳永さんに紺の衣装は似合わない。顔色が悪くなるということも知りました(笑)。トークもどこか危なっかしいのが相変わらずでした。一歩間違えると電波入ってそうな感じが何ともハラハラしましたよ。
発言がスピリチュアルな方向に走るのもいつものことですが、ああいうものは耳で聞き頭で捉えようとすると非常に胡散臭く、ファンでない視聴者がどう受け取るかちょっと心配です。感覚で捉えられるようになると特に変わったことを言っているわけではないと思うんですけどね。いつもに比べたら意味不明な印象も控えめだった気はするんですが。
ああいうところがイマイチファン層を拡大できない理由なんでしょうか。そしてファンになった人がとてつもない濃さを放つ、と。オープニングの観客を見ているとそのことを強く実感します。自分もああいう感じなのね…。
渡邉あゆみアナウンサーの毒発言もほとんどなく(唯一『シャツがinになっているのは…』には笑いましたが)、雰囲気自体は穏やかな収録だったのかなと思います。
話の内容自体は長年ファンだったら知っている話でしたが、NHKでこういう話題を取り上げるというのも新鮮でなかなかよかったんじゃないでしょうか。
バイクに跨っているものや新宿のパブ勤務時代など見たことがない写真があったのもうれしかったですし、特にうれしかったのは“バラードが売りだけどバラードだけじゃないぞ”を証明するようにRevolutionツアー武道館公演での「負けるな」を放送したこと。数あるベストアルバム未収録ですが、知る人ぞ知るライブの定番曲が映ったのはいいっすよ!ああいうパフォーマンスもしてるんですよ、今でも。

スタジオライブでは「時代」と「壊れかけのRadio」を披露。
バックバンドはキーボード:坂本昌之、ベース:高水健司、ドラムス:江口信夫、ギター:今剛(敬称略)の皆さん。ギターの今さんはいつものツアーメンバーじゃありませんが、収録でこのメンバーを揃えちゃうのはすごいよなあと改めて感心。贅沢です。
蔵出しトークのコーナーで、テンピュール枕の話の時“大仏”高水さんに何か言いたそうな意味ありげな笑いがちょっとツボでした。あれはいつものツアーの雰囲気っぽかったです。
生で見るのに比べるとあの空気感はさすがに伝わりにくく、何か大人しい感じだったのが少々物足りませんでしたが、やっぱり徳永さんはライブだなあ。先日のクリスマスコンサートは落選したため行けなかった私にとって、ささやかなクリスマスプレゼントに。早く来年のツアーにならないかなあ。

 僕は妄想と直感だけで生きてますから。
この一言が印象に残りました。
私自身もどちらかというとあれこれ考えるより直感で生きるタイプの人間ですから、非常に相通ずるものを感じています。だから長年ファンやってるんだろうなあ、きっと。
妄想と直感によって実現した夢。これから私達に見せてくれるであろう夢の続きは何なのか。来年はデビュー20周年。今年以上の活躍を期待しています。
posted by みたらしだんご at 22:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

『スタジオパークからこんにちは』放送日変更

本日ゲストに徳永英明さんを迎えて生放送予定だった『スタジオパークからこんにちは』は、27日(火)に延期して放送するそうです。
放送日が延期になる時、ゲストが延期した日程で生出演できる場合は後日改めて生出演したりするのですが、今日収録なんですね。先週、この日に証人喚問が行われることが決まった時から今日のスタパの放送がないことは分かっていましたから、その時からどうなるのか気にしていましたが、スタパのサイトでも徳永さんの公式サイトでもギリギリになってのお知らせとなりました。
収録は予定通り本日午後1時5分から渋谷のスタジオパークで行われます。スタジオ観覧希望の方は正午までにスタパへゴー!約30人の貴重な観覧者になれた方、抽選には外れてしまったけれど観覧した方、どうぞ感想などをトラックバックしてください。
以前ちょっと迷いましたが、私は観覧せず、後日テレビ放送でチェックすることにします。いろいろやることがあるし、やっぱり証人喚問も見たいので。
質問のメールやFAXを送る方はお忘れなく。今日の収録時間に間に合うように送っておきましょう。

それにしても姉歯ショックがこんなところにまで影響を及ぼすとは。
スタパは放送延期になりましたが、今回の証人喚問中継はかなり注目しています。どうなることやら。
posted by みたらしだんご at 07:19 | Comment(6) | TrackBack(1) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

徳永英明・最新情報

続々と情報が入ってまいりましたよ。
ファンクラブ会報号外アンド公式サイトより。
詳細は分かった時点で追加します。

●その1
2006年2月1日発売
ニューシングル「タイトル未定/ボクニデキルコト」
通常盤:UMCK-5138(1260円) アニメ盤:UMCK-9136(1050円)

新曲のバラードとテレビ朝日で放送中のアニメ『ガイキング』のエンディング・テーマ「ボクニデキルコト」を収録した両A面シングル。
通常盤とアニメ盤の二種類を発売。“徳永バージョン”“ガイキングバージョン”とジャケットも二種類なので、盤によってジャケットが変わるということでしょうか。
私、実はまだ『ガイキング』見てないんですよね…。だから曲をまだ一度も聴いていません。いつも土曜の朝になったら忘れてます。明日こそは忘れずに見よう。

●その2
2006年2月22日発売
バラードベスト『BEAUTIFUL BALLADE』
初回盤:UMCK-9137(3800円) 通常盤:UMCK-1201(3000円)

デビュー20周年を飾るのはオリジナル作品ではなく、やはりベストアルバムでした。
来年のツアーがバラード中心となるのを知った時点でベストが出るのは予想していました。本音はオリジナル作品を聴きたいところでしたが…。オリジナル作品、次作はじっくりと時間をかけて作りたいというコメントがありましたから、ファンは待ちますよ。いい作品を頼みますよん。まあ、カバーアルバム『VOCALIST』のヒットを受けて、バラードの名手としての存在をアピールするにはこの流れも悪くないんじゃないでしょうか。
バラードベストといえば『Ballade of Ballade』が1997年に発売されていますが、今回はバラードシングル曲だけを収録するようです。BofB以降のキング〜ユニバーサル所属時の作品も入るでしょうから(最新曲も収録とのこと)、個人的には『INTRO III』より聴く頻度が高くなりそうな気がします。
初回盤は最新曲のPVを収録したDVD付き。

●その3
2006年2月22日発売
クリップ集DVD『BEAUTIFUL CLIPS』
UMBK-1089(5800円)

デビューから20年の歩みがこの作品に。PVをどどーんと収録した2枚組DVD。
と書きながら、既に『LIVE AND CLIP TRACK』を持っているなあ、アルバムも初回盤を買うとPVついてくるから持ってるんだよなあ、とイマイチ気持ちが乗ってこなかったりします。かなり内容がダブりそうですから。シングル・アルバム・DVD全て購入者への特典ありなので買うことは買うと思いますが、とりあえずは収録内容を早く知りたいです。

●その4
2005年12月14日(水)
NHK総合『スタジオパークからこんにちは』出演決定

きたきたきたきた!渋谷のスタジオパークから公開生放送ですよ。
かつての才女振りはいずこへ、今ではすっかり言葉の端々に感じられる毒々しさだけがクローズアップされそうな(日頃スタパをご覧の方ならお解りのはず…)渡邉あゆみアナとのトークも気になるところです。
えへ、この日は仕事も休みだ。これは観覧しに行ってみるしかないか?!NHK好きな私ですが、未だにスタジオパークに行ったことはありません。いつかゆっくり足を運ぼうと思ってそのままです。これはいいきっかけになりそう。
でもあの番組、結構観客も(スタジオ内・通路ともに)映ります。しょぼい自分の姿がテレビに映ったら凹みそう。しかし、そんな心配しなくても大丈夫。抽選に当たらなければ観客の30人には入れないって。正直言うと入れるとは思ってないから、家でテレビを見ていればいいかなと思っていたりします。
ぜひ足を運ぶぞ!と今から気合満々の徳永ファンは、よろしかったらその決意のほどをコメントに書いてください(笑)。

●その5
iTMS-J 追加情報

以前こちらの記事でも書いたiTMS-J配信作品ですが、新たにセルフカバーベスト『カガヤキナガラ』そして最新作であるカバーアルバム『VOCALIST』が配信されています。
カガヤキナガラ (2003年)
VOCALIST (2005年)

でも、ちょ、ちょっと待って。値上がりしてませんか?
旧バンダイ時代の作品なんて、CDより高くなってますよ…。これは残念な点です。何か事情があるのか分かりませんが、CDより高くなっちゃあまずいよ、うん。
それでも、欲しい時にすぐ買えるという点ではやっぱり配信されるのは悪いことじゃない。というわけで、その辺を了解した上で興味が湧いた方はポチっと購入ボタンを押しちゃってください(なんか無責任だわ)。


ああ、久しぶりに記事を書いた。
posted by みたらしだんご at 20:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 徳永英明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。